たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2018年05月30日

龍神丸の奇跡!津波で流された船が7年ぶりに見つかりました!

今日は卯城農場長に頼まれ、急きょ農場長代理で私北澤が最近起こった奇跡的な出来事を書きます


それは一昨日の夜のこと。

まもなく閉店の時間を迎える頃、「龍神丸市場」店長の大石たっちゃんから、やけに上ずった声で電話がありました。

「大将、船が見つかりました!!」

と興奮しながら何度も言うので話を聞くと、七年前の震災で津波に流された「龍神丸」の二番船が、沖縄県名護沖で漂流しているのを海上保安庁が見つけて連絡をもらったとの事。

なんということでしょう!

七年ものあいだ嵐にも大波にも沈むことなく太平洋上を漂って、誰もが忘れかけた頃に沖縄の海で見つかるとは。


海上保安庁から提供された写真がこちら。




大石店長の実家は岩手県山田町で漁業を営んでおり、東日本大震災では自宅はおろか生活の糧である四隻の船や、牡蠣の養殖棚も全て流されたそうです。


店名の「龍神丸市場」はもちろん、代々大石家が操業してきた船名の「龍神丸」に由来しています。

震災から数年が経ち、新たな「龍神丸」のもと少しずつ棚を復活させ、今では山田町からの新鮮な海産物が日々龍神丸市場に届いています。



こちらが現在の龍神丸。

https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69300246.html
(昨年1月に訪問した際の様子です)


たっちゃんは子供の頃、今回見つかった船に毎日のように乗って、牡蠣やホタテ、モッコと呼ばれる仕掛けの水揚げを手伝っていたそうです。

そして何よりも漁師一家の生活を支え続けた船には、家族との思い出はもちろん、生まれ育った山田湾の風景や、津波で亡くなった叔父さんとの思い出などがたくさん詰まっていたのだと、たっちゃんは涙を浮かべながら話してくれました。


今回見つかった龍神丸は腐食や劣化も進んでいて、遥か海の向こうということもあり、沖縄で解体され処分される可能性もあるとの事。

そこでたっちゃんの熱い思いに心を動かされてしまったこともあり、急きょ今週の日曜日に沖縄に行くことにしました!

どうなるかは分かりませんが、出来たら一部分でも持ち帰って、孤独で長い旅が終わりやっと役目を終えた「龍神丸」が、龍神丸市場の看板の下、たくさんの思いを抱えた大石店長とともに今度は八王子で新しい歴史を刻んでいけたら、、と願っています。


という訳で、6月4日(月)の龍神丸市場のランチ営業はお休みを頂戴致します。

夜は通常通り営業致します!
きっとその夜は笑顔のたっちゃんから色々な話が聞けるはず。

どうぞご来店をお待ちしております。



  • Posted by けいちゃんりゅうちゃん at 22:45│Comments(2)
    この記事へのコメント
    初めてコメントさせていただきます。
    感動的ですね。
    荒波を超えて、沖縄まで漂った、、、
    「よく頑張った」と伝えてあげたいです。
    Posted by たまのりたまのり at 2018年06月01日 07:12
    たまのりさん、コメントありがとうございます!
    はい、、本当にそうですね。
    日曜日に直接伝えて来たいと思っています。
    Posted by ねこさん農園 at 2018年06月01日 22:18
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    龍神丸の奇跡!津波で流された船が7年ぶりに見つかりました!
      コメント(2)